So-net無料ブログ作成

「シュルレアリスムと美術 イメージとリアリティーをめぐって」展@栃木、愛知、神奈川 [展覧会@マグリット]


「シュルレアリスムと美術 イメージとリアリティーをめぐって」展

  2007年4月21日(土)~6月17日(日)    
  
宇都宮美術館 @ 栃木県  
                                

  2007年7月3日(火)~9月17日(月) 
  
豊田市美術館 @ 愛知県 
   

  2007年9月29日(土)~12月9日(日) 
  
横浜美術館 @ 神奈川県
   



地方公共美術館が国内所蔵作品を持ち寄り、
先月の埼玉県立近代美術館からスタートした
「シュルレアリスム展-謎をめぐる不思議な旅-」展と平行して、
上記展覧会に参加していない国内美術館の中でも
マグリット作品を持つことで知られている宇都宮、豊田、横浜の美術館が
手を組んだもうひとつのシュルレアリスムの展覧会、
「シュルレアリスムと美術 イメージとリアリティーをめぐって」展が始まった。

こんなにタイミングよく、国内の美術館が連合するシュルレアリスム展が
2つも同時開催されるなんて、興味をそそられてしまう。

こちらの方の展覧会は、国外からも出品があるそうで。

マグリット作品の展示 は、以下の通りで、なかなか多い。
  ・「人気のあるパノラマ」 1926年
      ノルトライン=ヴェストファーレン州美術コレクション(デュッセルドルフ)蔵
  ・「人間の条件」 1935年 豊田市美術館(寄託)
  ・「青春の泉」 1957-58年 横浜美術館蔵
  ・「大家族」 1963年 宇都宮美術館蔵
  ・「王様の美術館」 1966年 横浜美術館蔵
  ・「無謀な企て」 1928年 豊田市美術館蔵
  ・「生命線」 1936年 ポーラ美術館蔵
  ・「夢」 1945年 宇都宮美術館蔵   

結構サイズの大きい作品が揃ってるので、
大阪市立近代美術館(仮称)所蔵の「レディメイドの花束」は
こちらのリストに加えたかった気がしないでもないかも。

すごく個人的な感情から、「大家族」は国内では
企画展でしか観ないと決めてたので、
宇都宮美術館に行く機会はないかと思ってたけれども、
シュルレアリスム展で大家族、てんなら、
横浜を待たずして行かねばなるまい。

しかも足利で、「若冲と応挙」の展覧会やってるってんならば、
これはもう泊りがけで行くべきか?
(「若冲と応挙」展の詳細は、以下のリンク(←PDFファイル)からどうぞ。)

http://www.ryusenji.net/hohoemi2007.pdf
↑こちらの方は、TakさんのところとRoute347さんのところから情報頂きました。


--------------------------------------------------------------------
■ 追記

宇都宮展観てきました↓
http://blog.so-net.ne.jp/magrittian/2007-06-10

豊田展観てきました↓
http://blog.so-net.ne.jp/magrittian/2007-09-25

横浜展観てきました↓
http://blog.so-net.ne.jp/magrittian/2007-10-21
http://blog.so-net.ne.jp/magrittian/2007-12-02
--------------------------------------------------------------------


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 5

Tak

こんばんは。

宇都宮美術館のマグリットはまだ
観たことがないので是非一度はと思っています。
これ購入する際に高過ぎると問題になった作品ですよね。

足利と宇都宮・・・ちょっと掛け持ちは無理でしょうか。
by Tak (2007-04-28 17:44) 

いっぷく

国内の美術館が所蔵している作品群もなかなかのボリュームですね。
連合してという企画もおもしろそう。
マグリット作品、意外に国内の美術館は所蔵していますね。
by いっぷく (2007-04-28 20:21) 

m25

>Takさん
 すみません、「若冲と応挙」展の情報は、Takさんのところで頂いたのに、
 こちらがご挨拶する前にコメントを頂いてしまいました。申し訳ありません。
 日帰りかけもちはきつそうなので、泊まりも検討中です。
 手頃な周遊系の切符がないんですよね・・・。

 「大家族」仰る通り、不必要に高く購入した作品です。
 この件のせいで価格がつりあがった様ですが、
 この作品自体の時価はもっと安かった様です。


>いっぷくさん
 ええ、一昔前は、川村記念美術館や横浜美術館ぐらいだった
 印象があるのですが、気がついたらあちこちに。
 シリーズもののリトグラフなんて、同じものが兵庫県内に2つ、
 愛知県内に1つと国内に3つもありますし。

 中でも岡崎のコレクションは、マグリット以外も魅力的でしたので、
 来月、先日記事に上げた方のシュルレアリスム展の岡崎展も
 観に行きたいと思ってます。
 あの展覧会、なかなか見応えありましたから、この展覧会と
 比較してみるのも面白そうです。
 
by m25 (2007-04-28 22:45) 

kenta-ok

若冲人気がバブルの気配です。
by kenta-ok (2007-04-30 18:19) 

m25

>kenta-okさん
 コメント有難うございました。
 若冲人気は、ごく最近の現象なのでしょうか。
 本物のバブルの様にはじけてしまったりすると空しいですが、
 若冲を鑑賞出来る機会が増えるのは、大歓迎です。
 (観るのが追いつかなくなってしまわない程度に、って我侭ですね。)
by m25 (2007-05-03 02:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1